FC2ブログ

プロフィール

THE BEAT


「雑賀の孫市」「よみがえれ孫市」「幕末ブルース」などサムライミュージックを歌っています。昭和残党ロック団の香り漂うロックグループです。
「雑賀孫市はじめ雑賀衆にはロック的なイメージがある!」と感じ、「真の和歌山らしさを伝えたい・・」その思いでTHE BEATは、サムライミュージックを展開しています。


ブログ内検索


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:NEWS
2010年03月18日わかやま新報で紹介されました。

20110520-01.jpg
雑賀孫一は和歌山の誇り ロックバンド「ザ・ビート」岡村康司さん

「全国にアピールしたい」と岡村さん
ロックバンド 「ザ・ビート」 の作詞・作曲、 ギター、 ベース、 ボーカルを務める。 28日には雑賀孫一をテーマにした新アルバム 「天下に八咫烏 (やたがらす)」 をリリースし、 孫市祭で記念ライヴ。 5月には高知の第1回 「長宗我部祭り」 で孫一と和歌山をアピールする。
アルバムには、 タイトル曲と 「華の孫市」 「沙也可~無窮花 (むくげ) 咲く丘~」 「~いつか風になって~」 「サムライパッション」 「さくら舞い」、 冒頭2曲のインストルメンタルを収録。 サムライミュージック第3弾と名付けた。
「僕のサムライ像とは、 『恩を忘れぬこと』 『義に生きること』 『愛する人を守ること』。 そして雑賀孫一はサムライの中のサムライ。 その心を届けたい」 と熱い。
サムライに興味を持ったのは24年前。 自分のルーツや歴史を調べているうちに司馬遼太郎の 『尻啖え孫市』に出合った。 「10万人の信長軍に3000人で挑むなんて、 普通はしない」。 読んでいるうちに歌にしたくなり、 神坂次郎氏や津本陽氏の著書、 映画なども参考に 「雑賀の孫市」 と 「倭」 を作った。 「和歌山の人たちの眠っている魂を揺り起こすんや」。 30歳だった。
以来、 「人間孫一を感じてもらいたい」 「戦 (いくさ) を美化はしたくない」 「孫一と雑賀衆の誇りを後世に語り継ぎ、 和歌山を全国にアピールしたい」 と曲を作り、 歌い続けている。
義なき戦と秀吉に反旗を翻した雑賀孫一郎を歌う 「沙也可~」 (この曲のみ吉田育郎さん作詞) はバラードだが精神は同じ。 「サムライ・ミュージックとは、 ロックサウンドを根底に、 一冊の歴史小説を5分間のドラマに凝縮して歌うもの。 現代の万葉集ともいうべき文学と思う」。
実は高知生まれ。 和歌山には小学6年の時に来た。 ルーツを求め長宗我部元親を知り、 10年前に 「戦国土佐魂」 を作った。 当時は地元土佐でもほとんど知られていなかった人物だが、 最近の戦国武将ブームで祭りが誕生。 依頼され出演することになった。 「故郷での初演奏ですが、 何よりもまず孫一の豪快さ、 サムライ魂を伝えたい」 と熱く話している。
CDは音楽文化堂市駅前店、 ミュージックマートイワキ狐島店、 孫市の会で。 通販は 「名曲の花屋さん」 で検索。

ザ・ビートを('-'*)ヨロシク♪


スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © ~サムライミュージック~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。